愛してくれてマジ感謝

フィギュアレビュー、本・漫画の感想など

宇野常寛『リトル・ピープルの時代』

 宇野常寛『リトル・ピープルの時代』の感想です。


 宇野常寛は名前は知ってたし、以前テレビで見たこともあった。昨日本屋行ったらたまたま文庫本見つけたのでゴールデンウィークだしなということで読んでみることにした。というかひさしぶりに本買った。最近出た水村美苗の『日本語が亡びるとき』の文庫版とどっち買うか迷った。
 感想はとくにないけど、まあなんというか文章がうまくなくて退屈だった。ぼくはもっと知的でわくわくする文章が読みたいんだよねえ。宇野さんの文章は単純でわかりやすくてひどく退屈。まあだから人気あるのかもしれないけど。