愛してくれてマジ感謝

フィギュアレビュー、本・漫画の感想など

杉井光、Tiv『こもりクインテット!』2巻

 杉井光、Tiv『こもりクインテット!』2巻のレビューです。
 杉井光は嫌いだけど、Tiv先生の絵が死ぬほど好きなので1,2巻買ってきた。どうやら7月に出る3巻で完結するっぽい。


 結論いうと、やっぱり杉井光が足を引っ張ってる。Tiv先生がイラスト担当してる『政宗くんのリベンジ』はちゃんと漫画になってるのに、『こもりクインテット!』はまったく漫画になってない。これってどう考えても原作者のせいでしょ。散漫で無駄に饒舌でとっ散らかってて、展開に説得力ってものがない。キャラが立ってないのもどこかで見たことある設定だけで作られてるせいだし。とにかくキャラに血が通ってない。『政宗くんのリベンジ』と比べるとほんとにがっかりする。イラストは抜群にかわいいのになあ。原作者がちがうだけでここまでかわるのか。杉井光ラノベ作家のなかでもとくに過大評価されてると思うけど、それっていつもいいイラストレーターと組んでるからじゃないのかな。
 たしかに音楽を扱う漫画って難しいかもしれない。でもなあ、ぼくは『金色のコルダ』とか楽しんで読んでたけどな。やっぱり語り方の問題だと思う。原作者が悪いよ。Tiv先生は最大限頑張ってると思う。細部の表現では面白いところたくさんあるし。とにかくストーリー全体の流れが悪い。ほんとに残念な漫画だ。どうしてこうなった。


 1巻は帯付きだとこんな感じ↓ 表紙詐欺みたいな漫画ってたまにあるけど、Tiv先生の絵は本編でも抜群にかわいいので安心してください!


 帯はずすと↓


 2巻はこんな感じ↓


 帯はずすと↓

 カバーはずすとおまけ漫画があります。

 ほんとに残念な作品。杉井光はいらないなあと改めて思った。Tiv先生のイラストがすべて。とにかくTiv先生のイラストが好きなので3巻も買います。
☆☆