読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愛してくれてマジ感謝

フィギュアレビュー、本・漫画の感想など

アマルティア・セン『貧困の克服』

新書 アマルティア・セン ☆☆

貧困の克服―アジア発展の鍵は何か (集英社新書)

貧困の克服―アジア発展の鍵は何か (集英社新書)

 アマルティア・セン『貧困の克服』のレビューです。
 さっき買ってきてすぐ読んだ。200ページもないのですぐ読める。

 評価高いみたいだけど、なんか内容が薄いなと思った。四つの講演をまとめたものだからしょうがないといえばしょうがない。ちゃんと読みたいなら高い本買って読みましょうってことか。まあ当たり前だ。でもどれ読んだらいいのかわからないよ〜。これ一冊よんどけっていうのはなんなんだろう。近所の本屋には『合理性と自由』しか売ってないのだけど。上下巻買うと1万円だよ〜。
 この新書は読みやすいので意識高い中高生くらいが読むといいと思う。
 まったく内容と関係ないけど、なんかアマルティア・センはモテる男性みたいで、ちょっとイラっとしてしまったw
 目次↓

日本の皆さんへ


危機を超えてーーアジアのための発展戦略ーー
 アジアとその発展についての一般的理解
 未来を創るための過去の評価
 経済発展とさまざまな制度の相互補完的な関係
 制度と自由
 日本の経験ーー公共活動と個人のチャンス
 人間的発展ーー東アジアの戦略
 過渡期における危機と権力の剥奪
 最近の東アジア、東南アジアにおける危機
 危機から学ぶべき第一の教訓ーー発展における脆弱性
 第二の教訓ーー分裂する社会
 第三の教訓ーー人間の安全保障と公正
 第四の教訓ーー民主主義の役割
 第五の教訓ーー人間の安全保障とアジア危機と貧しい人々の声
 結びの言葉


人権とアジア的価値
 アジア的価値と経済発展
 一枚岩的なアジア観
 自由、民主主義、寛容
 秩序と儒教
 自由と寛容
 アクバル大帝とムガール帝国
 理論と実践
 国境を越える介入
 見解のまとめ


普遍的価値としての民主主義
 インドの経験
 民主主義と経済発展
 民主主義の機能
 価値の普遍性
 文化的差異についての論争
 議論の決着


なぜ人間の安全保障なのか
 生存のための安全保障ーー健康、平和、寛容
 日常生活と生活の質
 情報とエコロジー
 尊厳、平等、連帯
 グローバリゼーションとグローバルなコミットメント
 国際的な取り決めとグローバルな構築
 未来の課題と遺産


アマルティア・セン 人と思想
 I. シャーンティニケタンの子供時代
 II. 経済学と哲学の橋渡し
 III. 人間的発展とは何かーー人間の潜在能力アプローチと行為主体
 最後に



邦訳文献リスト一覧

☆☆

広告を非表示にする