読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愛してくれてマジ感謝

フィギュアレビュー、本・漫画の感想など

尾田栄一郎『ONE PIECE』80巻

漫画 尾田栄一郎 ☆☆

ONE PIECE 80 (ジャンプコミックス)

ONE PIECE 80 (ジャンプコミックス)

 尾田栄一郎ONE PIECE』80巻の感想です。

 ドレスローザ編が終わりです。この漫画で一番面白いのは次の島に入るところなんですよね。そういう意味で80巻は面白かったですね。荒唐無稽なファンタジーじゃなきゃ構築できない世界は見ててなかなか面白いです。ひとつの国が背中に乗るほどの巨大な象、風船で浮かぶ空島など。
 ただどうも新キャラが多すぎる。七武海なんか倒しても倒しても後任が出てきて無限に続くし。ぽっと出の新キャラが超強いとか萎えるでしょ。あと20年は完結しなそう。
 あと不満があるとしたら悪いやつ=不細工っていう描写ですね。わざわざ作者がむかつくからなんて理由を述べてたけど、これは残念だな。あまりにも低俗。たしかに天竜人は世界の権力者かつ悪の中枢のような存在であって、そいつらに対する批判的な態度を取るのは正義として間違ってないと思う。でもだからってそいつらを不細工に描くのはあまりにも短絡的で幼稚すぎるんじゃないかな。アイロニーとしてもあまりにも作者の感情が先走ってて、まったく知性を感じない。子供が「ばーかばーか」って言ってるレベル。要は人間描写に厚みがない。
 ぼくは空島突入あたりまでリアルタイムで読んでそのあと放置。面白くなってきてると聞いてシャボンディで読み始めて監獄編で脱落。そしてギア4が気になってドレスローザのドフラミンゴ戦でまた読み始めてって感じ。でもまた脱落かな。81巻は買わなそう。たぶんこのあと20巻くらいは放置すると思う。しばらくさようならかな。100巻出たら買う感じで。
 この漫画ぼくは中学のころから読み始めたんですけど、いまの中学生は読んでるんでしょうか。読み始めようと思った時にすでに80巻出てるってハードル高すぎるよなあ。やっぱりメインの読者層は20代30代なのかな。とにかく少年漫画としてこんなに不幸なことはない。
☆☆

広告を非表示にする