愛してくれてマジ感謝

フィギュアレビュー、本・漫画の感想など

パイロット カスタム74 シャープペン HKK-1000R-B

 パイロットのシャープペン、カスタム74のレビューです。

 箱に入ってます。






 こんな感じ。デザインはクラシックな感じ。




 キャップノック式なので引き抜くとキャップが取れます。回したりはしません。




 パイロットのカスタム74はプラチナ万年筆のプレジデントや#3776センチュリーに似ています。並べてみます。左からカスタム74、プレジデント、#3776センチュリーです(クリップのデザインが違います)。キャップノック式なので構造は同じです。ただカスタム74はトップチャック方式という芯が1mmまで使える構造なのでそこは違いますが。重さもすべて22gくらいです。




 カスタム74もプレジデントも同じ構造です。カスタム74は1万円なのだし、5千円のプレジデントに比べて高級感というか、もうちょっとなんとかならなかったのかとは思います。




 同じパイロットのグランセNCと比べてみます。グランセNCもトップチャック方式なので同じですが、金属軸という違いがあります。グランセNCは28gくらいあります。カスタム74は樹脂軸なのでその材質が高級なのかもしれませんが、ずしっとくる分5000円のグランセNCのほうが存在感はあります。ただ、金属軸は塗装ハゲがあるのでぼくは好きじゃないです。




 国産高級シャープペンのいいところは消しゴムが簡単に買えるってことです。パイロットのHERF-10が対応しています。ほかにもぺんてるのZ2-1Nも使えます。




 ぼくの持ってる高級シャープペンを並べてみます。左からパイロットのカスタム74、伊東屋のROMEO、プラチナ万年筆の早川式繰出鉛筆、ファーバーカステルのギロシェです。早川式繰出鉛筆は銀が変色してますが、磨くの面倒だから放置してますw




 適当に写真を







 で、使用感ですが、キャップノック式の弱点がやはり完全には改善されてはいないです(この点について下に追記しました)。要するに、書くときにカタカタ音がしてしまうってことです。その辺、回転式のノックであるROMEOや早川式繰出鉛筆やギロシェはがっしりしてて安定感があります。ただ、ノック式も芯を出すのがラクっていうメリットはあるのでどっちを取るかって感じですね。
 パイロットのカスタム74を買うか、プラチナ万年筆のプレジデントや#3776センチュリーを買うかって問題ですが、軸の材質が違うのか手触りがカスタム74のほうがずっと高級感があっておすすめです(キメが細かいというか、なめらかというか)。ただ見た目が同じなので5000円差の魅力を感じない人はいるかもしれません。ぼくはこの手触りがかなり気に入りました。持ってるだけで楽しいというか(気持ちいい)。あと、トップチャック方式のシャープペンが欲しいということなら5000円でグランセも買えるので、1万円出してカスタム74を買うのはどうかってことですね。個人的にはカスタム74をおすすめしたいですが。
 ぼくはいまROMEOが気に入っていて、どっち使おうかなって感じです。ROMEOには重いという弱点もあるので。ぼくはシャープペンは22gあたりが至高だと思っているので。重いと高級感はありますが、実用的ではないので。シャープペンは使いまくってこそ意味があるわけですからね。あと、ROMEOには消しゴムがついてないのが地味に痛い。




 ちなみに太めの軸ということで今回カスタム74買いましたが、細めの軸ということならロットリングのラピッドプロがおすすめです。もう少し安いやつなら定番ですが、ぺんてるのグラフ1000がいいですよ。

★★★★★



2017/1/20追記

 キャップのカタカタですが、セロハンテープを一周分巻いてやるだけでOKでした。こんな感じです↓



 これだけでかなり書き心地がよくなるのでおすすめです。もともと書き心地、さわり心地はとてもいいんですが、これで安定感も完璧になります!




 ボールペンはこちら↓
unnamable.hateblo.jp