愛してくれてマジ感謝

フィギュアレビュー、本・漫画の感想など

パイロット カスタム74 ボールペン BKK-1000R-B

 パイロットのボールペン、カスタム74のレビューです。

 シャープペン買ったので、ボールペンも買ってきました。シャープペンの記事はこちらをどうぞ↓
unnamable.hateblo.jp




 シャープペンはキャップノック式の限界を感じましたが、ボールペンは素晴らしいです。回転繰り出し式(キャップを回して芯を出す方式)になっています。プラチナ万年筆のプレジデントや#3776センチュリーはボールペンもキャップノック式でしたが、パイロットのカスタム74は回転繰り出し式です。グランセNCも回転繰り出し式なので、パイロットとしてはシャープペンはノック式、ボールペンは回転繰り出し式という感じなのでしょう。ぼくもそれに賛成です。芯を何度もノックする必要のないボールペンは絶対に回転繰り出し式のほうが安定しています。




 重さも28gあって、高級感もばっちりです。シャープペンは22g、ボールペンは28gに調整してあるのはパイロットのこだわりなのかもしれませんね。ボールペンはやや重いほうが重さを利用して滑らせられるので書きやすいです。




 シャープペンはAmazonで買いましたが、ボールペンは近くの文房具店で買いました。やっぱり箱がついてきます。




 こんな感じです。




 分解するには芯を繰り出すのとは逆方向に回してやります。シャープペンは引っこ抜くだけでしたが、ボールペンは回してキャップを取ります。




 適当に。







 28gの樹脂軸ということでちゃんと高級感があります。シャープペンのほうは実用性を取ったのか22gということでなんだかスカスカな感じがしましたが、ボールペンはばっちりです。芯を出すときの抵抗の感じも手応えがあって、安っぽくないです。




 ぼくは筆記用具としてはボールペンよりシャープペンのほうが好きなのですが、このボールペンはおすすめできます。シャープペンだとパイロットのカスタム74とプラチナ万年筆のプレジデントあるいは#3776センチュリーと迷うと書きましたが、ボールペンは断然パイロットのカスタム74がいいです。回転繰り出し式の質感がすばらしいです。




 書き味ですが、パイロットの高級ボールペン(金属リフィル)は現在アクロインキという低粘度のものになっていてとても書きやすいです。個人的には三菱鉛筆ジェットストリームより上品な感じがして好きです。替え芯はBRFN-30で極細(0.5)、細字(0.7)、中字(1.0)があります。最初に入ってるのは中字です。グランセNCは細字でしたので、やっぱり高級ボールペンは1.0mmみたいな雰囲気があるんでしょうか。パイロットは替え芯が手に入れやすいのがいいですね。




 モンブランは高くて買えないなー、だけどクラシックなデザインでなにかいいのがほしいなあって人におすすめです。Made in Japanですし。書き心地は保証します。外国の高級ボールペンはいまだに旧式の油性だったりしますが、パイロットは低粘度のアクロインキですから。1.0mmは伸びやかに書けます。

★★★★★



2017年8月11日追記

 アクロインキもいいんですが、ぼくは最近サラサ使うことが多いです。で、カスタムにサラサ入れられたら最高なんだけどなーなんて思ってたら、簡単に入れられました。多色ペン用の替え芯JK-0.5です。

ゼブラ ジェルボールペン替芯 JK-0.5芯 B-RJK-BK 黒 10本

ゼブラ ジェルボールペン替芯 JK-0.5芯 B-RJK-BK 黒 10本




 わずかに長いのでカッターで切り落として長さ調整するだけで使えます(長さ調整は1mm単位で大事なのでちょっとめんどくさいですが)。ガタつきもなく、むしろアクロインキの純正リフィルよりフィットしてる感があります。ただ、これは多色ペン用の替え芯なのですぐインクなくなっちゃいますけどね。




 サラサを入れるとこんな感じ




 リフィルはこれくらい切ります(左が切ったもの)。長さ調整は純正リフィルと合わせて正確にやります。