愛してくれてマジ感謝

フィギュアレビュー、本・漫画の感想など

パイロット カスタムヘリテイジ91 ボールペン BKVH-1MR-B

 パイロット カスタムヘリテイジ91 ボールペン BKVH-1MR-Bのレビューです。

 カスタム74がよかったのでカスタムヘリテイジも買ってきました。カスタム74の記事はこちら↓
unnamable.hateblo.jp




 Amazonで酷評されてますが、書いてるときに芯が引っ込んじゃうっていうのはない気がするけどなあ。最後まで回転させればちゃんと安定しますよ。たしかにキャップを少し回転させるとロック状態が解除されるので芯を押し付けると引っ込んじゃいます。でもボールペンって回しながら書くもんじゃないし、実用的には問題ないと思うんですけどね。クリップに指が当たってキャップを回転させてしまった場合、たしかに芯が引っ込むことはあるかもしれません。でも普通に書いてればそんなことはないと思うんですよ。




 では適当に写真を。








 分解するとこんな感じ。カスタム74やグランセNCと同じです。




 カスタム74と並べてみます。




 芯は1.0mmがおすすめです。低粘度のアクロインキでとっても書きやすいです。

★★★★★




2017年8月11日追記

 アクロインキもいいんですが、ぼくは最近サラサ使うことが多いです。で、カスタムにサラサ入れられたら最高なんだけどなーなんて思ってたら、簡単に入れられました。多色ペン用の替え芯JK-0.5です。




 わずかに長いのでカッターで切り落として長さ調整するだけで使えます(長さ調整は1mm単位で大事なのでちょっとめんどくさいですが)。ガタつきもなく、むしろアクロインキの純正リフィルよりフィットしてる感があります。ただ、これは多色ペン用の替え芯なのですぐインクなくなっちゃいますけどね。




 サラサ入れるとこんな感じ





 リフィルはこれくらい切ります(左が切ったもの)。長さ調整は純正リフィルと合わせて正確にやります。



2018年5月24日追記

 サラサを入れていましたが、インク量が少ないなあと思っていました。
 何かないかなあといろいろ買ってきて試してみたら、サクラクレパスのボールサインのリフィルも切れば入れられることを発見しました! リフィルはR-GBPです。水性顔料なので書き心地はサラサと同じような感じです。0.5mmと0.4mmがあります。
www.craypas.com



 カスタムヘリテイジに入れて使うにはリフィルが24mm長いので切らないといけないのですが、サラサのリフィルより太いため少し力がいります。リフィルを切るとインクの上に乗ってるオイル(?)のところが出てきてしまうので、ちょっと拭いてやりましょう。ペンが汚れないようにテープでもつけて密閉してしまいたいところですが、密閉してしまうとインクが出なくなるようです。





 重さはR-GBPを入れると25.9gでした。ちなみにサラサのJK-0.5だと25.0gでした。サラサのほうが軽くて使いやすい気はしますが、R-GBPのほうがインク量は多いでしょう。JK-0.5は多色ペンのリフィルで、R-GBPは単色のノック式ペンに使われているリフィルです。



シャープペンはこちら↓

unnamable.hateblo.jp

広告を非表示にする