読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愛してくれてマジ感謝

フィギュアレビュー、本・漫画の感想など

城平京、水野英多『天賀井さんは案外ふつう』1巻

漫画 城平京 水野英多 ☆☆

 城平京水野英多『天賀井さんは案外ふつう』1巻の感想です。






『スパイラル 〜推理の絆〜』はアニメ見てたので「待望の最新作」ってことで買ってみた。城平京って『絶園のテンペスト』のひとでもあるんだね。『絶園のテンペスト』もアニメ見てた。
『スパイラル 〜推理の絆〜』も『絶園のテンペスト』もそうなんだけど、アニメ最初はすごく楽しみにして見てたんだけど、いつの間にか見なくなった作品でもある。さてさて『天賀井さんは案外ふつう』はどうなのかなって感じ。
 絵はかわいい。でもちょっとどうなんだろうな。主人公の天賀井さんのお兄さんがロボットなんですよ。一部が機械化されてる人間とかじゃなくて、ガチでロボットです。意味わからんですよね。「日常系伝奇コメディ」ということですが、まあ、ほんとにそんな感じです。
 天賀井さんの妹の双子はかわいいけど、ほんとそれだけって感じで。
 化け物とか異界とか全然興味がわかないし、そもそもお兄さんがロボットだからなあ。なんでもありすぎてちょっとついていけない。もっとリアルだとよかったんだけど。
 幼女がかわいければなんでもいいよってひとにはおすすめ。
☆☆