読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愛してくれてマジ感謝

フィギュアレビュー、本・漫画の感想など

タチ『双角カンケイ。』1巻

漫画 タチ ☆☆

 タチ『双角カンケイ。』の感想です。





 双子の姉妹あいりとひまりが主人公。ひまりのバイト仲間である朝霧先輩(女。表表紙のひと)はひまりのことが好き。ある日あいりがひまりの代役として双子だからばれないだろうってことでバイトに行ったことで話は始まる。相手をひまりだと思ってる朝霧先輩にあいりは告白されてしまう。あいりはひまりになりすまし、その後もメールなどで関係をつづけ、そんなことをしているうちに……。みたいな感じ。
 ひまりのバイト仲間にここみという子もいて、この子は朝霧先輩のことが好きで、ひまりはその恋を応援しているという感じ。だけど朝霧先輩はひまりのことが好きで、バイト以外の時間でひまりだと思って接していたのはあいりで……という。
 読んでて思ったのは、ここみの見た目があいりとひまりに似てるなあと。誰が誰だかわからなくなってしまうw もうちょっとキャラデザなんとかならなかったのかな。
 かわいいのはかわいいんだけど、あまりぼくの好きな絵柄でもないし、ちょっと内容もベタすぎるかなあと。双子の入れ替わりネタって昔からよくあるしほとんど新鮮味がない(人違い、勘違いがからむ恋はシェイクスピアのころからある鉄板ネタであり古典)。あと、いきなりホテルにお泊まりしてるのは強引すぎてどうなんだと思った(ってこの辺は百合漫画ならありなのかな?)。
 朝霧先輩がメンヘラみたいでちょっときついなあ。とガチ精神障害者のぼくは思いました。
 でも絵柄が好きで百合好きなら安定して楽しめる作品だとは思います。
☆☆

広告を非表示にする