読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愛してくれてマジ感謝

フィギュアレビュー、本・漫画の感想など

黒ずんだ銀製品を銀みがきクロスで磨いてきれいにしてみた

KOYO ポリマール 銀磨きクロス 195mm×125mm 2枚入

KOYO ポリマール 銀磨きクロス 195mm×125mm 2枚入

 ぼくが今回使ったのは光陽社の「銀みがきクロス」です。5年前に買って放置してましたけど、今日使ってみましたよ(`・ω・´) ということは5年分黒くなってたということですw

 ぼくが使ったやつは今はAmazonが発送になってないですね。今売ってるのはこっちみたいです↓




 メッキ製品は磨きすぎないでねって書いてあります。




 ぼくが今回磨くのはプラチナ万年筆の「早川式繰出鉛筆」です。ちなみにこのペンは銀メッキなので、本体が全部スターリングシルバーの銀製品というわけじゃないです。メッキなので磨きすぎると剥げるかもしれないので注意です。




 磨く前のペンはこんな感じです





 クロスは研磨剤とつや出し剤を含んでいるらしく、ちょっとざらっとした感じがします。さっと拭いただけでもすこし黒ずみが取れますが、なかなか取れないところもあるので、結局何度もごしごし磨きました。15分以上やってたような気がします。使ったあとはクロスが黒く汚れます。手も汚れます。




 結果はこんな感じです





 うん。いいんじゃないでしょうか。凹凸があるので細部の汚れがどうしても取れないですが、輝きが戻ったことは間違いありません。
 銀はメンテナンスがめんどくさいですが、まあ5年に1回くらい磨いてやってもいいかな。