読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愛してくれてマジ感謝

フィギュアレビュー、本・漫画の感想など

水声社の《パスカル・キニャール・コレクション》を買ってきたので紹介します

blog 水声社 » Blog Archive » 新シリーズ《パスカル・キニャール・コレクション》刊行開始!
 全15冊出るみたいです。Amazonでは売ってないみたいですが、hontoとかで買えるみたいです。ぼくは丸善で買いました。
honto.jp





 帯に「ベルグソンを専攻していた」と書いてあったので、これは読まなきゃ! と思ったのでした。パスカルキニャールエマニュエル・レヴィナスのもとでベルクソンの時間論に関する博士論文を準備していたことがあったそうです。キニャールは『アマリアの別荘』しか読んだことないですが、いいセンスしてるなとは感じてました。




 統一感があってとてもかっこいい本になってます。





 紙がややぺらい感じがしますが、まあ気にしないことにしましょう。




 以下は公式サイトのPDFと同じものです。本に挟まってました。







 とりあえず全巻揃えてみようかなと。隔月ごと1冊ずつ刊行予定らしいので、余裕で買っていけますね。って、最終巻が出るのはいつになるのか……。




 ぱらぱらめくってみたところ、『いにしえの光』は哲学的、詩的な思索という感じで良さそうです。「最後の王国」というシリーズはすべてこんな感じなのでしょうか。楽しみです。ぼくも老いたのか、最近は小説読むのがだるくてしょうがないので、こういう本はありがたいです。