愛してくれてマジ感謝

フィギュアレビュー、本・漫画の感想など

KenkoのC-PLフィルター Zéta plusを使ってみる

 円偏光フィルターっていうやつですね。噂に聞いたのでちょっと買ってみました。



 ヨドバシで買ったんですが、公式サイトにこの「ゼータ プラス」って載ってないですね。なんなんでしょうか。一番高いZéta Quintにしようかとも思ったんですが、まあ別にそんなにこだわらなくてもいいかなと思って。というか使い方がよくわかりません。被写体の平面に対して斜め30-40度が最も効果的で、真正面からの撮影では効果が出ないらしいです。ぼくはフィギュアや小物撮影がほとんどなのであまり意味ないのかな?




 中身はこんな感じ。本体と説明書とおまけのクロスです。おまけがついてるから「プラス」っぽいですね。




 本体はリングに「Wideband」とあるので、おそらくこれと同じです。
www.kenko-tokina.co.jp




 使い方はここに書いてあります。
www.kenko-tokina.co.jp




 どうやらC-PLフィルターというのはリングを回して使うらしく、パソコンの画面に向けてリング回してみたらたしかにパソコンの画面だけが暗くなったり明るくなったりしました。これが科学の力か。



フィギュアを撮ってみる

 ではとりあえずフィギュアを撮ってみます。まずはいつも通りにフィルターなしで。機材はソニーのα6000にSEL24F18Zです。F16でシャッタースピードは0.5秒です。モデルは一番気に入ってるフィギュア、シャイニング・アークのベルベットです。




 で、つぎにフィルターをつけて撮ってみます。まずはそのままの設定(F16で0.5秒)で。単にフィルターをつけただけでこんなに暗くなります。




 F16で1.3秒までシャッタースピードを落としてやりました。




 フィルターのリングをくるくる回していくと微妙にベルベットさんの黒ブーツの反射が抑えられていくのが確認できました。でもその効果はほんとにわずか(´・ω・`)




 わかりにくいので効果がわかりやすい比較画像を。
 ぼくは棚の周りにセロハンテープ巻いて落下防止の柵を作ってるんですが、それが反射してます。花陽ちゃん(旗を持ってる水色のかわいい子)の台座にねんぷち3体置いてますが、そこのセロハンテープが反射してますね。一枚目の画像はフィルター効果が最小になるようにして撮ったもので反射していますが、二枚目の画像はフィルター効果が最大になるようにして撮ったもので反射が抑えられて向こう側が透けてよく見えるようになっています。





 でも見てわかるように、ことりちゃん(ステッキ持ってる緑のかわいい子)のアイプリ(瞳)が反射しちゃってますね。こういうのには効果がないのかな。まあでもたしかに効果があることは確認できました。




 このフィルターは取り付けが結構めんどくさいです。なかなかうまく取り付けられませんでした。あと、きつく締めすぎると取るときとても大変です。全然外れなくて焦りました。思いっきり力入れてやっと外れました。きつく締めすぎないほうがいいです。
 ちなみに高い方のZéta Quintでは

着脱しやすい回転枠構造

C-PLは回転式の枠を使用するため、着脱時につかむ部分が狭く、取り外しにくいことがあります。しかしZéta Quint C-PL は、レンズに取り付けた際の固定部分の幅を従来より長くし、さらに外径も大きくしました。これによりフィルターを着脱しやすくしています。

とあるように改良されているようです。実用性考えたらこっちのほうが良さそうですね。まあ高いのであれですが……
www.kenko-tokina.co.jp





 あったらあったで役に立つ場面もありそうですが、やっぱり風景撮影とかじゃないとあまり効果はなさそうですね。でもとりあえずしばらくはこのフィルター使ってみたいと思います(`・ω・´) ぼくの場合、ちゃんとした照明買わないとどうしようもない気もしますが……
★★★