愛してくれてマジ感謝

フィギュアレビュー、本・漫画の感想など

『トラークル全集』を買った!

 ついに買いましたよ! 12,960円!

トラークル全集 新・新装版

トラークル全集 新・新装版

没後101年目の記念的復刊!!

荒廃した生の極限で、肺腑にせまる肉声の真実を響かせ、
凝縮した表現で、存在することの痛みと、
没落から救済をうたった、天逝の詩人ゲオルグ・トラークル。
その全作品をこの一巻に結集。

数多くの方々からのリクエストに御答えし、
待望の復刊!!

 



 以前パウル・ツェランの全詩集も買いました。同じ出版社ですね。同じような装丁です。
unnamable.hateblo.jp




 辞書みたいですw 存在感がうれしい!





 シンプル。




 紐は1本。





 実はパウル・ツェランの方もまだ1巻しか読んでないんですよねw まあこういうのは買えるうちに買っておくことが大事ということで(`・ω・´)




 目次を書き写すのは大変なので、参考にだいたいこんな感じというのを。

  • I 詩集(12-144)
  • II 夢のなかのセバスチャン(145-278)
  • III 一九一四年から一九一五年に「ブレンナー」誌に発表された詩(279-314)
  • IV その他の生前に発表された詩(315-340)
  • V 散文・評論(341-384)
  • VI 遺稿(385-692)
  • VII 遺稿(戯曲ほか)(693-742)
  • VIII 書簡(743-990)
  • ゲオルク・トラークルの生涯
  • 訳者あとがき
  • 書誌

 



 とまあこんな感じで、遺稿が膨大にあって書簡もかなり多いみたいですね。トラークルはまったく読んだことないのですが、楽しみです(*´ω`*)