愛してくれてマジ感謝

ホビー・ファッション・文房具関連のレビュー、本・漫画の感想などを書いているブログ

Amazonで平凡社ライブラリーのオンデマンドペーパーバックを買ったのでレビューします!

 平凡社ライブラリーのクザーヌス『学識ある無知について』を買いました。以前図書館で借りて読んだんですが、途中まで読んだところで返却期限がきてしまいました。で、今度は買って続きを読もうと思ったら絶版になっていました。
 でもなぜかAmazonで売っているぞ!? しかも定価より高い!? なんだこれは!? オンデマンド!? 今後買う人の参考になるかと思って一応レビューします。本の内容についてのレビューではなく、本そのものについてです。

 ペーパーバックとある通り、ペーパーバックです。日本で売っている本にはかならずついているカバーがありません。日本では本屋で本を買うと「カバーしますか?」と聞かれますが、あれはもともと本についているカバー(内容紹介文や著者略歴などが書いてある)の上からさらにカバーをかけている状態です。この本にはカバーがなく、やや光沢のある厚紙が表紙になっていて、きれいにカラー印刷されています。というかペーパーバックです。




 こんな感じでカバーがありません。




 奥付の後ろのページを見ると、「本書はAmazonにて印刷・製本された、オンデマンドペーパーバックです。一部奥付に記載されている情報と異なる場合がございます」などと書いてあります。




 で、奥付はこうなってます。まるで本物。




 同じくらいのページ数(320ページ程度)の平凡社ライブラリーとの比較。オンデマンド版は色がややあせた感じに見えます。




 そして、やはりというべきか、オンデマンド版は紙が厚いです。ほぼ同じページ数ですがこれくらい差があります。




 オンデマンド版はペーパーバックなのでカバーが表紙そのものです。ですから、そでに書かれてあった(?)情報はなくなっています(ドゥルーズの本のほうは著者情報などがありますね)。




 中の印刷はちゃんとしてるので大丈夫です。パラパラめくった感じ、かすれなどもなくはっきりと印刷されていてちゃんとした商品になっています。(当たり前かw)




 本の手触りが研磨本に似ているというか、やや毛羽立った感じがあります。




 思ったより普通の本で安心しました。むしろぼくもカバーいらない派の人間なので、こういう本が増えてくれるとありがたいです。
 でもとにかく価格がねえ……(´・ω・`) この本、2,621円ですよ。

学識ある無知について (平凡社ライブラリー)

学識ある無知について (平凡社ライブラリー)




 絶版になってる本をこうやってきれいに印刷製本して届けてくれるのはとてもありがたいですが……。まあでもこういう本は高くてもある程度仕方ないのかも……。



 あと、オンデマンドで印刷製本はできるのに電子書籍版がないんですよね。仕組みがわかりませんが、ちょっと不思議だなあと思いました。電子書籍があればもっと便利なのに。




 オンデマンドって平凡社ライブラリー以外にはなにがあるんでしょうか。岩波オンデマンドブックスとかいうのも同じようなものなんでしょうか。PHP文庫はオンデマンドも電子書籍もやってるみたいですね(でもPHP文庫をわざわざ割高なオンデマンドで買う人がいるのかどうか)。ちくま文庫とかもやってほしいなあ。オンデマンドと電子書籍のサービスがもっと広がれば、絶版で読めないとか、高価な(しかも汚い)古書を買ったりする必要も無くなりますよね。そういう未来に期待!