愛してくれてマジ感謝

フィギュアレビュー、本・漫画の感想など

2017年に買ってよかったもの、面白かった本、とにかく今年よかったもの・こと

 2017年も終わりなので今年を振り返ってみます。普通は「買ってよかったもの」と「面白かった本」は別記事にするんでしょうけど、[本]カテゴリー見てもらったらわかるように、今年も全然本読んでないのでひとつにまとめちゃいます。あといろいろよかったもの・ことの紹介です。



2017年、買ってよかったもの

1. 『ストライク・ザ・ブラッド』の北米版BD/DVD

unnamable.hateblo.jp



 ぼくが買ったのは北米版です。なんとこれはBDとDVDのセットです。現在4,898円。安すぎる。funimationというところから出ているもので、このメーカー(?)からはいろんなアニメが出てます。BDもDVDもパソコンでは普通に見れました。字幕は非表示にできます。
 はてなブログの「お題」に今年見てよかったアニメというのがあったのでストブラの良さを語ろうと思ったのですが、大量のキャプチャー画像とともに語るにはちょっと時間がなさそう。でもいつか語りたいですな。
 このアニメの魅力はとにかく出てくる女の子がみんなとてつもなくかわいいってところです。ぼくはヒロインの姫柊雪菜ちゃんのフィギュア、2体予約しましたよ(`・ω・´) アルターの限定版がよかったのですが、当然2万円超えのプレミア価格。プルクラや電撃屋やQ-sixはいまいち。でもやっと決定版が出ましたよ!
www.hobbystock.jp
ストライク・ザ・ブラッド II OVA 姫柊雪菜 1/7スケール ABS&PVC製 塗装済み完成品フィギュア



2. FREDERIQUE CONSTANTの機械式腕時計

unnamable.hateblo.jp




 機械式時計です。ヨドバシで69000円くらいで買いました。フレデリック・コンスタントは日本のシチズンに買収されたスイスの三流ブランドです。自社製のムーブメントを作っていてマニュファクチュールと呼ばれているブランドではありますが、低価格商品のムーブメントは現在はセリタ製です。日本のインターネッツではETA社やセリタ社のムーブメントを入れている時計はエタポン、セリタポンなどと呼ばれ馬鹿にされています。汎用ムーブメントだからです。現在、ETA社のムーブメントを使えるのはスウォッチグループのブランドだけらしく、他のブランドはセリタとかです。
 この機械式時計は駆動時間が38時間です。ぼくは長時間駆動のほうがいいだろと思っていたのですが、実際使ってみると38時間タイプは完成されていると感じました。というのも、金曜日の夕方から夜たとえば20時に腕時計を外した場合、止まるのが日曜の午前中になるわけです。そうすると月曜日の朝に時間と日付を合わせるときに12時間ずれているということがないということになります。これがたとえば駆動時間が50時間のタイプだと、金曜の20時に外した場合、巻かれ具合にもよりますが、止まるのは日曜の夜なんですよね。何が問題かというと、腕時計は午後21時から午前3時くらいまでは日付合わせをしてはいけないことになっているんですよ。月曜の朝に日付をそのままにして時刻を進めることによって日付をまたいでやって日付送りをするならいいんですが、間違って日付をいじってしまった場合、時計にとってダメージになります。高い腕時計だとそれはちょっと怖いですね。
 あと日本の機械式時計とスイスブランドが違うのは時計の厚さです。スイスブランドで3針のモデルだと10mm以下のものが多いです。ぼくが買ったフレデリック・コンスタントも10mm以下です。ノモスとかモンブランとか薄いものになると7mmくらいのもあったりします。一方で日本ブランドつまりセイコーシチズンやオリエントだと、12mmとかになっちゃうんですよ。日本ブランドはシチズンがクオーツの超薄型を発表して話題になったり、セイコーアストロンシチズンのアテッサやプロマスター、カシオのオシアナスなどGPS搭載モデルが売れていたり、こういうハイテク時計の分野では世界最強なのは間違いないです。でも日本の機械式は遅れてる印象があります。
 あと時計選びで大事だなあと個人的に思ったのは球面ガラスかどうかです。ぼくの買ったフレデリック・コンスタントはカーブサファイアです。凸レンズ状になっています。そんなに違うの? って思うかもしれませんが、平面ガラスと全然印象が違うんですよ! 奥行きがあって、角度を変えたりすることで光が遊ぶというか、とても興奮します! 仕事の休み時間にチチチチと動く秒針(このモデルは8振動。1秒間にチチチチと8回秒針が動きます)と球面ガラスのコクのある光の反射を見てるとほんと癒されます(*´ω`*)
 機械式時計はいいですよ。なんか生きてる感じがするんです! 月曜の朝見たときには止まっているんですが、振ったりゼンマイを巻いてやるとチチチチと動き出すんですよ。自分の働きかけによって、それに答えてくれる! かわいい! 一緒に生きてる相棒です。お守りです。
 ちなみにフレデリック・コンスタントは並行輸入で買うとコスパがいいです。ビックカメラが安い感じがします。セイコーのプレザージュよりおすすめしたいブランドです。シチズン傘下になって、今後どうなるんでしょうか?
 動画撮りました。秒針の動きはこんな感じです↓
www.youtube.com



3. ETTINGER(エッティンガー)のベルト

unnamable.hateblo.jp



 10年くらい使った3000円くらいのベルトがぼろぼろだったので買い換えました。5000円か1万円のやつにしようかなあと思っていたんですが、エッティンガーの財布がほしくなっていろいろ見てたらシンプルなベルトを発見。ちょっと高いんですが、いいベルトはどこにでもつけていけるしなと思って買ってみました。
 最初はユニクロとあんまり変わんないかもなどと思っていました。ちなみにユニクロとの比較レビューはこちらです↓
unnamable.hateblo.jp




 ぱっと見はデザインもほとんど同じだし、あんまり違いがわかりません。でも、やっぱり革が全然違います。カルミナの革靴を買ってからわかったことなんですが、安い革と高い革だと光沢というか質感が違うんですよね。安い革はなんか深みがなくてさらっとしてる感じです。平面的というかのっぺりしてるというか。安い革は磨いてやっても答えてくれません。高い革は磨くとほんとにぴっかぴかになるんですよね。
 エッティンガーのベルトはデザインがシンプルです。ファッション性はあまりありませんが、いつどこにつけていってもおかしくありません。華美ではないし目立たないけど、近くでよく見ると品質の高さがわかります。1本持っておくと重宝するかもしれません。裏面はさらさらしてて引っかかったりせず、着脱がしやすくなっています。



4. Jalan Sriwijaya(ジャラン スリウァヤ)のクオーターブローグ

unnamable.hateblo.jp



 リーガルとカルミナの靴も買いましたが、おすすめという意味ではジャランのクオーターブローグかもしれません。リーガルは歩きやすいんですがなんか革が安っぽかったです。カルミナはいい靴なんですが、靴オタクになる入門としてはいいですが、あまり興味のないひとにおすすめできる価格でもないかなあと。いい感じのクオーターブローグって高いブランドでもあんまり見かけないということもあって、ジャランのクオーターブローグはなかなかいいのではないかなと今回紹介します。
 クオーターブローグってなんぞやという話ですが、革靴の種類は大きく分けるとプレーントウ、ストレートチップ、クオーターブローグ、セミブローグ、ウイングチップ、Uチップ、とあります。ほかに紐のないローファーなどもあります。
 プレーントウはつま先部分にもなにも縫い目がないものです。たとえばイタリアブランド、サントーニのプレーントウはこんな感じ↓ かっこいいですね。サントーニは憧れるなー。
[サントーニ] Santoni SA*34252  40DGY




 ストレートチップは一番フォーマルとされていてつま先に横一本線が入っているタイプです。たとえばアルフレッドサージェントのストレートチップはこんな感じ↓ リーガルとかでも就活にはこれ! ってことでおすすめされるのがストレートチップ
[アルフレッドサージェント] CAP TOE  ALFRED




 クオーターブローグはストレートチップの縫い目の部分に沿って穴を開け装飾をほどこしたものです。今回ぼくが紹介しているものです。
[ジャランスリウァヤ] PUNCH CAP  98409




 セミブローグはクオーターブローグのつま先部分にメダリオンと呼ばれる模様を入れたもので、模様は靴によって様々です。たとえばチャーチが有名↓
[チャーチ] CHURCH'S DIPLOMAT 7814/11  (ブラック/6.5)




 ウイングチップは一番カジュアルなタイプです。その名の通り、翼の形に模様が入ってます。ガジアーノガーリングのウイングチップがこれ↓
[ガジアーノ ガーリング] Gazino & Girling Walkton




 Uチップはその名の通りUの字に縫い目が入ってます。Uチップといったらフランスのパラブーツが有名かなあ。
ASIN:B013K8HGBE




 こんな感じで革靴の種類はいろいろあります(まだまだありますが)。
 ビジネスや冠婚葬祭のシーンではストレートチップかプレーントウが無難と言われています。まあ黒のストレートチップは1足持っておくべきでしょう。でもそれだけじゃ面白くないですよね。というわけで、いろいろ考えるんですが、セミブローグとかウイングチップだとおしゃれすぎてキモオタのぼくには明らかに似合わないなという感じなんですよね。一方、野暮ったいUチップはキモオタには抜群に似合いますが、そういうのもそろそろ卒業したいような感じ。
 そこで注目したのがクオーターブローグなんです。派手なメダリオンが入ってないので装飾は目立ちません。でもストレートチップとは違って、明らかにちょっとだけおしゃれです。おしゃれに勇気が出せない、けどずっと地味なのばかりでもなあってひとにはクオーターブローグがおすすめですよ!




 あと、なぜジャランなのかということですが、ジャランスリウァヤはグッドイヤーウェルト製法なんです。革靴の製法には大きく分けて、セメント製法、マッケイ製法、グッドイヤーウェルト製法とあります。セメント製法は接着剤でくっつけたもので安い革靴は全部そうです。マッケイとグッドイヤーウェルトが実際に縫って作るものですが、縫い方が違います。細かい違いは検索してもらうとして、ざっくり言うと、グッドイヤーウェルトのほうが重厚でクッション性が高く履き慣らすことで足にフィットしてくるのに対して、マッケイは返りがよくて最初から歩きやすい感じ。オールソール交換を何度もして長年履いていくのはグッドイヤーウェルトの靴です。マッケイは一生ものではないといわれています。もちろんジャランスリウァヤの靴は安物なのでオールソール交換して履くようなものではないんですが、グッドイヤーウェルト製法の靴がどのようなものかを低価格で試せるという意味では貴重です。
 で、履いて思ったんですよ。スニーカーより歩きやすいと。びっくりですよ。クッション性が高くて、革靴は履きにくいというイメージが覆されました。もちろん自分の足に合ってるかどうかが一番重要なので、たまたまぼくの足とジャランの木型(ラスト)が合っていたということでもありますが。歩くのが楽しくなってきます。
 ジャランの靴は、ソールをダイナイトというラバーっぽいタイプのものと、革のタイプのものと選べます。ソールが革だと晴れてる日でも結構すべりますw 雨の日は履けません。ダイナイトのほうが無難ですが、高い革靴は基本的にソールも革なので、ジャランで慣れておくのもいいかもしれません。



5. 『GOD EATER 2』のアリサ・イリーニチナ・アミエーラ 水着ver.のフィギュア

unnamable.hateblo.jp




 今年買った至高のフィギュアがこれです。プレミア価格なので、今から買うのはキャラが好きなひと以外にはおすすめできませんが、でもとにかく素晴らしいフィギュアです。





 美少女フィギュアは6頭身のものが多いのですが、このフィギュアは7頭身くらいでリアルな美女感が素晴らしいです。最初、頭部が小さすぎるんじゃないかなどと思ったんですが、むしろ逆で、他のフィギュアの頭部が大きすぎるのでした。派手な装飾はなく、もともと定価も9,800円(税抜)でした。: Products - Alphamax
 たしかに最近の超絶クオリティの美少女フィギュアと比べると情報量も少ないし、アルターの塗装のようにスベスベではありません。でもこのフィギュアにはそういったものでは語れない雰囲気の良さがあります。美女が大きな剣に寄りかかりながらこちらを振り向いている。目に見えない風にうつくしい長髪が流れていて、上着がはためいている。スペシャルボディですが、細部がいちいち説得力のある造形になっています。最近のフィギュアに比べるとかなりおとなしいデザインではあるのですが、見ていて飽きないんですよねえ。ほんとに買ってよかったぁ(*´ω`*)







2017年、面白かった本

1. 『パウル・ツェラン全詩集(改訂新版)第I巻』

unnamable.hateblo.jp

パウル・ツェラン全詩集 第?巻

パウル・ツェラン全詩集 第?巻




 まあとにかく今年はパウル・ツェランがすべてかなあ。以前読んだ『パウル・ツェラン詩文集』も詩論が良くて気に入ってたんですが、この全詩集でパウル・ツェランの世界にどっぷりと浸かりました。まだ2巻と3巻読んでません。
 ぼくはこの全詩集読んで、今まで読んできた小説がすべて過去のもの、終わったものになったとすら感じました。圧倒的な衝撃でした。詩のことばを受け止めるまでに時間がかかったりするので読み進めるのはなかなか大変ですが、1ページ読むだけでも圧倒的な充実感があります。今年はヘルダーリンリルケも読んで、どっちも素晴らしかったのですが、とにかくツェランが圧倒的によかったです。具体的に説明するのはちょっとめんどくさい……



2. パスカルキニャール『いにしえの光〈最後の王国2〉』

unnamable.hateblo.jp

時間に論理性はない―ナチス以後、また原爆投下以後の、「人間性の終焉」の時代に、滅びることなく生きいきと蘇る古代壁画…無常の時間の流れの彼方にある生の輝きを探究する、ベルグソンを専攻していた著者ならではの「時間」論。哲学的思索、文学、歴史、人類学、精神分析、生の断片…それらを分かちがたいひとつの思考作用としてとらえ、小説、エッセイ、評論などの枠を越え“人間”存在を再検討する、“最後の王国”シリーズの時間をめぐる思索。


 パスカルキニャールのエッセイです。Amazonでは買えないのでhontoなどから買ってみてください。個人的にはパスカルキニャールコレクションは小説よりもエッセイ「最後の王国」シリーズに期待しています。この2巻は時間についての考察になってます。もちろんベルクソンをやっているとよくわかりますが、そういった哲学に触れたことがないひとにもわかりやすく書かれていると思います。こちらは詩的な散文であって、哲学書のような文体ではないので安心してください。文学や芸術に触れる際にもこういった考え方は参考になると思います。
 たとえばこの本では「往古」という概念をめぐって思索を繰り広げています。小説を読むとき、ただ話の筋を追いかけるという読みをしているひとは多いと思いますが、文学者や芸術家たちがどういった問題意識を持ち、どういった問いを投げかけ、どういった態度で世界と向き合い、創作しているのか、この本を読むとその一部分がわかってくると思います。芸術のエッセンスをつかむにはちょうどいいエッセイなんじゃないでしょうか。

 一本の川の水を汲み尽くすことは不可能だ。
 その川よりも前にあった川からその水は流れてくるのだから。
(p.79)

 



3. パスカルキニャール『さまよえる影たち〈最後の王国1〉』

unnamable.hateblo.jp




 ぼくは『いにしえの光〈最後の王国2〉』のほうが好きですが、こちらも紹介しておきます。

芸術は、その非構成性において、体系の形をとって固定するものに対する他者である。
(p.107)

 



4. ジル・ドゥルーズ、フェリックス・ガタリ千のプラトー 資本主義と分裂症』

unnamable.hateblo.jp




 ソーカル事件! などと言ってもはや誰も読んでくれないわけですが、とっても面白い本です。『千のプラトー』はかなり読みやすいので、『アンチ・オイディプス』に挫折したひともぜひ挑戦してみてほしいです。長くて無理というひとは、「序――リゾーム」のところだけでもぜひ。樹木状とリゾーム状の区別を理解できれば話は早いです。個人的に好きなのは線のシステムと点のシステム。よくわかる。哲学に興味がなくても、文学や芸術に本気で向き合うなら当然読んでおくべきだと思います。読んでどう思うかはひとそれぞれですが。



5. 雨がっぱ少女群『麻衣の虫ぐらし』1巻

unnamable.hateblo.jp


断筆宣言から9年――。
伝説の絵師・雨がっぱ少女群の中で
新たな美少女たちが芽吹きだす。

天真爛漫でいつものほほんな、職探し中の麻衣。
孤独な生い立ちを抱えつつ、
祖父とふたり暮らしをしながら、農業を営む菜々子。
この土地に生息する虫の保護活動に力を注ぐ来夏。
虫と戯れ、虫に翻弄される、彼女たちの軽やかな日々。

 漫画はブログに感想書いてないだけでたまに読んでたりはします。今年の個人的ベストは『麻衣の虫ぐらし』でした。詳しい感想は以前書いたので省略。萌え漫画に見えますが、生と死の本質をつかんでいて、さらに適切なユーモアなども交えて描かれていて、とてもレベルが高いと思いました。もちろん美少女もかわいいです(*´ω`*)







とにかく今年よかったもの・こと

1. TVアニメ『ゲーマーズ!』が面白かった!

www.gamers-anime.com




 公式サイトに「こじらせゲーマーたちのすれ違い青春錯綜系ラブコメ」とありますw ほんとにそのまんまの内容なのですが、これがもうほんとに面白いんですよ!声優さんたちの演技力ハンパじゃないなあとw とくに主人公の雨野景太役の潘めぐみさんが叫ぶところとか臨場感がすごすぎて笑いましたw 金元寿子さんの天道花憐もとってもよかったです。天道さんは正統派ヒロインなのに影が薄いんですよ。あと大久保瑠美さんはピンクですねw
 そしてなにより、石見舞菜香さんをこの作品で知れたのは最大の収穫でした! もうほんといい声なんですよ。

GAMERS!

GAMERS!




2. 「ラジオどっとあい 石見舞菜香のまなかのナカマ」が癒される!

agonp.jp




 石見舞菜香さんの一人喋りラジオ。もう最終回です。なんかふわふわしてていいです。あと、女性としては結構、腕力が強いらしいですw あと、「ん!」が口癖かなw
 石見舞菜香さんの声は事務所プロフィールページで聞けます。
www.pro-fit.co.jp




 アニメ『ゲーマーズ!』でソロもあります。

GAMERS! ~星ノ守千秋 Ver.~

GAMERS! ~星ノ守千秋 Ver.~

君と好きなコト

君と好きなコト



3. 「カントリーマアム香ばしアーモンド」がおいしすぎた!




 おいしいおいしい(*´▽`*)



4. 『ラブライブ!サンシャイン!!』2期

 花丸ちゃんいいね! 梨子ちゃんが好きだったけど悩む(*´ω`*) ちょうどこの記事書いてるとき最終話見ましたよ。劇場版決定らしいですね。
www.youtube.com




5. 高槻かなこさん出演の電撃PS Liveにはまる

www.youtube.com




 アーカイブで過去の配信見れます。ぼくはPS2までしか持ってないので最近のゲーム全然知らなかったんですが、この番組で最近のゲームを結構知ることができました。印象的だったのは『風ノ旅ビト』の回です。まさに感動体験です。めちゃくちゃ感銘を受けました。ウィキペディアには「舞台はどこまでも広がる砂の世界で、プレイヤーはクローク風の外套をまとった「旅ビト」を操作して先に進んでいく。文字や言葉による直接的な情報やコミュニケーションを排し、美しいビジュアルと演出だけで世界観を表現する独特な作風が特徴」とあります。最初は何やってるのかよくわからないんですが、だんだん意味がわかってくるんですよ。
www.youtube.com








雑談

 今年は全然本読まなかったので、なんか何もしないで終わってしまったような感じがします。機械式腕時計や革靴をいろいろ調べてる時間が長かったような。
 声優ラジオを聞いていたり。今年も面白いラジオがたくさんありましたね。とくに好きだったのは「石見舞菜香のまなかのナカマ」以外だと、『システィ&ルミアの禁忌通信』です。藤田茜さんと宮本侑芽ちゃんのトークがとても面白かったです。宮本侑芽ちゃんの独特の雰囲気好きですねぇ(*´ω`*) あとは相変わらず『ゆみりと愛奈のモグモグ・コミュニケーションズ』を応援しています(`・ω・´)
www.onsen.ag
twitter.com




 他にはPS4RPGのプレイ動画見たり。『英雄伝説 閃の軌跡III』を最初から最後まで見るのにものすごい時間がかかりました(´・ω・`) しかも「完結してねえええええええええええ!」とか買ってもいないのに叫んでしまいましたよw ユウナちゃんかわいかったですね。東山奈央ちゃんの声好き。一番好きなキャラはシャロンさんです。ゆかなさんの声もエロくて最高! 技も厨二でかっこいい! そういえばジョルジュくんの扱いはひどかったですね。なんかひとりだけデブでブサイクでオタクなやつがいるなと気にはなってたんですが、敵だったという……。悲しい(´;ω;`)
https://www.falcom.co.jp/sen3/img/special/wallpaper/sen3_36w.jpg

 東山奈央ちゃんつながりで『スターオーシャン5』のプレイ動画も最近見ましたよ。めちゃくちゃ叩かれてますが、プレイ動画見るだけの人間としてはあれくらいのボリュームで十分かも。最初から最後まで通して見ても半日かかりませんでした。ストーリーは結局3を越えられないですよね(反則技だし)。4はまあ未開惑星保護条約ができた経緯がわかったので意味もありましたけど、5はなにかあったかな? 3につながる内容だとは思いますけど、ちょっとインパクトが弱かったかなあ。
www.youtube.com
www.youtube.com
www.youtube.com
www.youtube.com







 このブログ自体の振り返り(今年のPVや人気記事紹介)は明日やります。

広告を非表示にする