愛してくれてマジ感謝

ホビー・ファッション・文房具関連のレビュー、本・漫画の感想などを書いている画像の大きいブログ

PLUS フィットカットカーブ プレミアムチタン プレミアムブラウン (はさみ)34-552

プラスのはさみ、フィットカットカーブ プレミアムチタンのレビューです。




 職場でこのはさみの「フッ素コート」(34-516)を使っているのですが、とてもいいので家でも使おうと買ってみました。今回買った「プレミアムチタン」は現在Amazonで573円、ヨドバシ.comで630円(+63ポイント)です。ネットだと40%OFFくらいで買えますね。このはさみはいくつかバリエーションがありますが、一番高いやつです。




 結論から言うと、チタンはやっぱり質感が安っぽいです(腕時計でもそうですが)。「フッ素コート」はAmazonで260円ですが、ずっと高級感があります。「フッ素コート」は適度に抵抗があり、切るときのパシュっていう音に高級感を感じてとても気持ちいです。一方、今回買った「プレミアムチタン」は普通のはさみみたいに動作が軽いです。いまいちだったので「フッ素コート」のを買い直すかも(´・ω・`) 耐久性はフッ素コートよりチタンコートのほうがいいのかな? どうなんでしょう。フライパンとかのフッ素コートはあっという間に剥がれるイメージがありますが。




 キャップ付きです。




 刃はこんな感じ。








 刃の開く角度が常に一定なので、先端のほうで切っても軽く切れるらしいです。





 グリップは小指用の滑り止めが外側についてます。正しい持ち方とかあるのかな? 片方の穴に親指入れて、もう一方の穴に中指と薬指を入れて、小指は滑り止めに、みたいな感じ?







 キャップ。片側にはちょっと凹んだ場所があります。職場ではここに部署の名前を印刷したシール貼ってますね。





 悪いはさみではありませんが、個人的にはフッ素コートのほうが好みです。腕時計のベルトもチタンかステンレスかで値段が違って、もちろんチタンのほうが高いんですが、高級感はないんですよね。このはさみはチタン製というんじゃなくて、ステンレスにチタンコートしてあるだけですが、それでもやっぱりチタンの安っぽさが出ちゃってるなあという感じがします。フッ素コートも高級ではないですが、新品は黒くてそれなりにかっこいいじゃないですか。




 テープを切ってもベタつかない3D加工がされているのはこの「プレミアムチタン」だけみたいなので、そういう意味で使用感が他とは違うかもしれません。マクロレンズ使わないと写真で表現できないような加工なのですが、刃と刃の接する面積を極限まで減らしてあるんです。普通のはさみはテープの糊などがついてしまうと、刃がその上を通ることになるので切りにくくなりますが、このはさみはテープの糊などがついても刃がその部分を触れずに切れるようになってます。ただ、この加工のせいで刃がやや引っかかる感じもあります。




「スタンダード」「フッ素コート」「チタンコート」「プレミアムチタン」でそれぞれ使用感が違うのだと思います。「チタンコート」と「プレミアムチタン」の違いは上述の3D加工がされているかどうかです。3D加工されていない「チタンコート」の場合、テープの糊などがついてしまうと切りにくくなるということでしょう。「フッ素コート」は3D加工はされていませんが、フッ素コートなのでベタつかないらしいです。テープなどの粘着物を切る機会が多いひとは「フッ素コート」か「プレミアムチタン」を選ぶべきでしょう。チタンコートにこだわるけど3D加工の使用感が気に入らないというひとは「チタンコート」を選ぶといいです。



★★★