愛してくれてマジ感謝

フィギュアレビュー、本・漫画の感想など

小川仁志『哲学の最新キーワードを読む 「私」と社会をつなぐ知』

 小川仁志『哲学の最新キーワードを読む 「私」と社会をつなぐ知』の感想です。

 メイヤスーやハーマンの話が載ってるっぽかったので買ってみましたが、これは哲学の最新キーワードに関する入門書といったものではなく、哲学趣味のおじさんが片手間で書いた安っぽいエッセイ、コラムといったようなもので、はっきり言って読む価値はないです。
 Amazonに酷評レビューがすでに書いてあったのでほっとしました(って、その人は千葉さんの批判してる人ですがw)。
 哲学者がこういう小遣い稼ぎ的な安っぽい文章書いてるのは正直言ってがっかりです。まったく尊敬できない。というか普段あまり専門書を読まないひとがこういうものに触れるとすれば、というかむしろそういう読者層を想定しているわけですが、この本は有害ですらあるでしょう。資本主義がどうとか言ってますが、この本自体がまさに資本主義の産物ですよ。こんな本が売り物になってるうちは資本主義も安泰なんじゃないでしょうか。

広告を非表示にする