愛してくれてマジ感謝

フィギュアレビュー、本・漫画の感想など

HESCHUNG(エシュン) Catalpa Anilcalf Stones Noisette

 HESCHUNG(エシュン)の外羽根Uチップ、Catalpa Anilcalf Stones Noisetteのレビューです。




 袋入ってます。




 前回、エシュンのArumっていうのを買いました。公式サイトに載ってなかったですが、プレーントウのです。
unnamable.hateblo.jp




 そこのレビューで書いた通り、甲高なんですよね。ぼくの場合、中敷き入れないと完全に羽根が閉じてしまいます。中敷き入れたり外したりいろいろ試行錯誤中です。まあ中敷き無くてもはけるんですけど、フィット感がいまいち。でも、革靴なのにウォーキングシューズのようなふかふかの歩き心地はちょっと感動的で(靴擦れもまったくなし)、安く買えたらUチップもほしいな、なんて思ってたんです。
 で、先日、Amazonで今回のCatalpaが35000円程度まで値下がりしてました。これは安い!




 全体を撮影。色は前回と同じNoisetteなのですが、Catalpaは普通のダークブラウンといった感じです。前回のArumは赤みがかった茶色だったので、並べると結構印象が違いました。プレーントウと比べてUチップは堅牢といった印象でしっかり作られています。デザインも乗せモカなのでスマートでカジュアルすぎない感じ。ラバーソールですが、前回のArumとはちょっと違いますね。








 中はこんな感じ。前回と同じく、サイズは7です。カルミナ(RAIN、SIMPSON)やジャランスリウァヤ(11120)やチャーチ(81)は7.5(26.0cm相当)を履いてますが、エシュンは7で26.0cm相当のようです。





 前回のArum(プレーントウ)と並べてみます。革が柔らかく、軽い履き心地というのもありますが、個人的にはArumのほうがカジュアルな感じがします。デザイン的にArumのほうはコバも目立ちます。今回のUチップCatalpaは乗せモカの面積が小さいので、目の錯覚ではありますが、結構シャープに見えます。スラックスにはCatalpaのほうが合いそう。色が微妙に違うので、合わせるベルトは変える予定です。




 両足そろえて






 定価だと79,920円ですが、割と納得感あります。この前買ったチャーチのFAIRFIELDは定価が88,560円ですが、あれは明らかに割高感がありました(安く買ったのでいいのですが)。
 Uチップだとパラブーツというイメージがありますが、同じくフランスのブランドであるエシュンも候補に入れてみてはどうでしょうか。日本で知名度はほぼないですけど、革がしっかりしているし、価格なりのクオリティはあると思います。




 サイズ感としては、前回のプレーントウよりもフィット感ありました。甲高で羽根が閉じてしまうのは変わりありませんが。中敷き入れて履くことになりそうです。
★★★★★

広告を非表示にする