愛してくれてマジ感謝

本・漫画・アニメ・フィギュア・文房具・靴等のレビュー|発売情報・お買い得情報

今日買った本――キニャール、ドゥルーズ、オースティン、中世思想原典集成 精選

 ブログ更新のネタがないので今日買った本を紹介します(*´▽`*)

 本読んでないのに本買ってどうするという話ではありますが、まあ買うだけ買っておこうかなと。10年後に読むかもしれないので。




 まずパスカルキニャールの本を買いました。このシリーズ全部買う予定です。というのも、キニャールベルクソンレヴィナスの影響下にある作家だからです。





 比較的最近(2018年11月)出たドゥルーズの本。読むかわかりませんが、何も考えずにとりあえず入手。




 語用論や言語哲学やりたい人なら必須のオースティンの本がついに文庫になりました。新訳です。旧訳はぼくも学生時代読みました。文庫になったので改めて入手。これは人文科学やりたい人には必読の古典(?)だと思います。これ読んでなかったらさすがにもぐりでは? 手軽に文庫で入手できるようになったのでとりあえず買って読むことをおすすめします(古い単行本の方もコンパクトな本だったはずですが)。ガチの哲学書とかとは違って読むのは別に難しくないです。言語学専攻で哲学とかやってなかった時代のぼくでも読めたので。




 そして目玉商品の『中世思想原典集成 精選』! 上智大学中世思想研究所の高価な本がなんと文庫にw 『中世思想原典集成』は全21巻セットで166,509円+税というシリーズです。さらに第Ⅱ期が始まっていて、今のところ『トマス・アクィナス 真理論』の上下巻がそれぞれ15,000円+税で出ています。結構マニア向けの書物だと思いますが、今回「精選」ということで一般人にも触れやすい文庫になりました。すばらしい(*´▽`*) 文庫は全7巻のようです。ハードカバーの単行本でもないのに2,400円+税でちょっとお高いですが、これを出した出版社の勇気に拍手です! 売れるわけないのに! えらい! 漢だ!