愛してくれてマジ感謝

本・漫画・アニメ・フィギュア・文房具・靴などのレビュー

格ゲー初心者の『DEAD OR ALIVE 6』ネタバレレビュー(ちょっとエロい画像付き)

 コスチュームのアンロック条件が厳しすぎるとネットで炎上中のDOA6のレビューです。こころちゃんに一目惚れし、20年ぶりに格ゲーやってます( ´ ▽ ` )ノ


 ゲームを始めるとパッケージの絵が出てきます。美しい!(持ちキャラではないけど)




 メインメニューはこんな感じになってます。どうも「DOA CENTRAL」でMyキャラクター設定すると毎回そのキャラが出てくれるようです。設定しないとランダムっぽいです。



ストーリーについて

 STORYを選ぶとストーリーが遊べます。
 STORYはストーリーがメインで、敵が弱すぎるため対戦はおまけみたいな位置付けです。コンボとか全然わからない人でもパンチ連打してるだけで勝てます。ストーリーはあってもなくてもどうでもいいような話です。ぼくはDOA6から始めたのでよくわかりません。
 こころちゃんとエレナさんは姉妹のようです。
 あと、ほのかちゃんとあやねさんも姉妹だったかな? 雷道に力を吸収されてしまいます。
 デッドオアアライブの決勝はジャン・リーとディエゴでした。このゲームにおいてデッドオアアライブという大会って割とどうでも良さそう?
 NiCOちゃんは死んだ父を生き返らせたいようですね。雷道を復活させたのはそのためとか(M.I.S.T.に協力することで死んだ父も生き返らせてもらえるとかいう契約?)。あとエレナさんの母も生き返らせる対象だとかそんな話が出てきました。



エストについて


 DOA QUESTを選ぶとクエストで遊べます。
 いろいろお題があって、それをクリアしていく感じです。いろんなキャラでやらなきゃいけないのでめんどくさいです。コスチュームをアンロックするにはオーナーポイントが必要なので、ポイント不足に困ったらクエストやってもいいかもしれません。



アーケードモード、サバイバルモード等


 FIGHTINGを選び、サブカテゴリからそれぞれ選択します。
 アーケードモードやサバイバルモードは難易度が細かく分かれています。難易度4がHARD、難易度5がCHAMP、難易度6がTRUE FIGHTER、難易度7がMASTERとなります。(条件はわかりませんが、いろいろ遊んでると難易度8のLEGENDも出てきます)




 ぼくはアーケードモードはひたすら難易度5のCHAMPでやってます。CHAMPだとコスチュームの設計図が500以上もらえるので、必要設計図500のコスチュームは一度クリアするともらえることになります(ただしもらえるコスチュームはランダム……)。HARDだと400強です。ぼくにはTRUE FIGHTERは難しくて何度もコンティニューしないとクリアできないので1回しかやってません。(→3月20日現在、難易度8のLEGENDも普通にクリアできるようになりました!)
 CHAMPはオンラインマッチのEランク相当の難易度だと感じました。TRUE FIGHTERはオンラインマッチのDランク相当という感じ。オンラインマッチをメインにやる人はTRUE FIGHTER以上の難易度で腕を上げた方がいいです。




 サバイバルモードは1ラウンドも負けられないという状況でひたすら敵と戦い続けます。1ラウンド取るごとに敵が変わり、受けたダメージも全快になってリスタートします。難易度によって敵の数も違うようです。難易度1はすぐクリアできますが、難易度2は敵の数が多くて結構めんどくさかったです。難易度3以上はやってません。サバイバルモードは1ラウンド落としてしまうとそこからコンティニューということもできません。コスチュームの設計図を集めたいならミスが許されないサバイバルモードよりアーケードモードでこつこつやったほうがいいと思います。



レーニングモード

 TRAININGを選ぶとトレーニングできます。




 フリートレーニングは敵の動作なども細かく設定できます。またオンラインマッチの待ち時間にやるような使い方もできます。動作ごとに細かい情報を見ることができて面白いです。おそらく強い人はフレームがどうとか計算しながら対戦しているのでしょう。すべての攻撃について上段か中段か下段か見ることができるので、ガードやホールドの対策としてもとても役に立ちます。




 チュートリアルは基本的な動作を学ぶことができます。やってても面白くはないので、ある程度プレイに慣れてきたらでいいかもしれません(がちゃがちゃプレイで勝てなくなってからでも)。ホールド関係はちゃんと学んだ方がいいですし、投げ抜け、受け身なども強くなりたいなら必須のスキルでしょう。ただ、正直言ってCHAMPレベルやオンラインマッチのEランクならがちゃがちゃボタン押してれば何となく勝てたりします。限界を感じてさらに強くなりたいと思ったときに基本を勉強する感じでもいいんじゃないかと思います。ぼくがそうでした。




 コマンドトレーニングはキャラごとに技を学ぶことができます。基本なのでまずはこれをやった方がいいと思います。おそらくキャラごとに技は100個以上あります(初心者の場合、実戦になると使う技は限られてくるので全部覚える必要はないと思います)。コマンドトレーニングではダメージ量が表示されないのでどの技が強いかを調べることはできません。すべてのコマンドを入力するとそのときの使用キャラのシステムボイスがもらえます。




 コンボチャレンジはお題として与えられたコンボを入力します。おまけ要素みたいなものだと思います。優先順位は低い感じ。特殊な状況、条件が揃わないとできないコンボもあって実用性低いのが多かった印象です。最後のお題は長くて難しかったです。クリアしてもオーナーポイントが500とトロフィーがもらえただけでした。でも、いくつか使えそうなコンボがわかったので勉強にはなったかな。



オンラインマッチ

 F-ランクから始まって、F、F+、E-、E、E+、D-、D、D+……とどんどん上がっていくシステムです。ぼくはDまで行ったのですが、Dランクで10連敗くらいして降格してやる気を失いました(´;ω;`) DランクはEランクと次元が違います。Cランク以上はどうなっているんだ……
 格ゲー初心者はDランクで心折られるので注意しましょう。ほんとに何もできなかったです。
 開始時にまず相手の攻撃だけが一方的に当たり、攻撃するとホールドされ、ガードしてると投げられ、ダウンからの起き上がり時にも相手から一方的にコンボを決められ、起き上がり攻撃をするとそれもホールドされ、奥に移動しようと思うと追尾攻撃され、こちらの攻撃は当たらずひたすらぼこぼこにされつづけるというおそろしい世界でした。心折れます。「就活と同じだ!」と思いましたよ。人格否定ですよ、あれは!



DOA CENTRALについて


 いろいろやれることがあります。




 クローゼットでは新しい髪型、メガネ、称号、アンロックされたコスチュームを手に入れたりします。キャラクターにつきコスチューム、髪型、メガネ、称号の組み合わせを登録できて、対戦時に素早くお気に入りのセットを選ぶことができるようになります(キャラクター選択時にR1を押すと登録したものが出てきます)。コスチュームは設計図によってアンロックされてからポイントを使って手に入れます(アンロックされただけだと使用できません。改めてクローゼットで手に入れる作業が必要です)。高いコスチュームだと20000ポイント必要なのもありました。




 コスチュームのアンロックに必要な設計図は200、500、750、1000個とばらつきがあります。設計図200個のものだからすぐ手に入るというわけでもありません。どのコスチュームの設計図が手に入るかはランダムなので最悪の場合は設計図200のものでも一番最後まで手に入らないということもあります(使っているキャラクターの設計図が手に入るわけではないという鬼畜仕様)。設計図1000個のものはアーケードモードのCHAMPをひたすらやるとしても、ランダムで2回引かなきゃアンロックできないわけです。ちょっと絶望的ですね。アーケードモード1回のクリアにぼくは15分かかるんですよ。全部で何キャラいて、それぞれコスチュームがいくつあって、それがすべてランダムで……。考えたくないですね!(→その後、使用キャラの設計図が手に入るように修正されました。必ず使用キャラのが手に入るので使用キャラに関していえばコスチュームはすぐに集まります。よかった!)
 ちなみに2019年3月9日現在、設計図100倍キャンペーン中だったようです。完全ランダムなのがきついのに! 100倍でもかなりきついのに、最初の設定はちょっと意味がわかりませんね。これは炎上するでしょう。




 ちなみにクローゼットでは「Myキャラクター設定」というのを行うことができ(四角ボタンで登録)、メインメニューに表示されるキャラクターを選ぶことができます。メガネかけさせてみました。学級委員みたいでイイ!




 シアターではリプレイを見たりコンピュータ同士の対戦を見ることができます。キャラクターの動きを止めて写真撮影ができます。ぼくは写真撮影メインで遊んでいます。F1.4で撮れるのでなかなか面白いですよ。




 ミュージックではシーンごとに流す音楽を設定できます。条件を満たすとDOA CENTRALのミュージックでいろいろな音楽を新しく手に入れることができます(称号とかと似たような感じで)。プレイしていかないと増えません。増えても自分で設定しないといけません。




オプション

 OPTIONSを選ぶとオプションです。ボタンのカスタマイズした方がいいかもしれません。初期設定は以下のようになってます。




 これだとホールド、ガードが四角ボタンになってるんですよね。ぼくは四角ボタンでパンチと間違えやすくて困ってました(ぼくがPS1で格ゲーやってた頃は四角ボタンが弱Pだったはず)。スペシャルというのが必殺技みたいなものですが、それがR1になっててパンチやキックと同じような攻撃動作なのに使う指が違うというのが変な感じでした。ぼくは以下のようにカスタマイズしました。




 ホールドとガードをR1でできるようにしました。これによって、攻撃は親指、防御系は人差し指と使い分けることができます。この設定にしてからだんだんホールドできるようになりました(相変わらずガードは捨てていますが……)。自分のやりやすい配置を見つけた方が良さそうです。



全体的なグラフィック

 3D格闘ゲームやったのなんて『エアガイツ』以来なので個人的には大満足です。最近のゲームはどれも画質がよく、このゲームが他と比較してどうなのかはわかりませんが、一般的に言ってきれいだと思います。こころちゃんかわいいですし。



音楽

 音楽自体は悪くないのですが、数が少なくてやや飽きます。原因としてはステージ数が少ないということでしょうか。一応、DOA CENTRALのミュージックで対戦キャラごとにBGM変える設定はできるので、新しく手に入れた音楽なども使ってプレイ中に流れる音楽の数を増やすことはできます。でも、ちょっとめんどくさいですね。雰囲気に合うかもわからないし。



格ゲーとして

 行動としては攻撃、ガード、ホールド(返し技)、投げという選択があり、さらに上中下段に分かれます(ホールドについていえば中段のパンチとキックはコマンドが異なるため、ホールドは4択になっています)。なかなか難しいです。
 20時間やったというのに、いまだにバトル開始直後の行動をどうしたらいいのかわかりません。だいたい攻撃くらいます。あとダウンした後起き上がるときどうしたらいいのかもわかりません。このゲームは起き上がり攻撃もホールドで返せるというのがやばいです(相手が必ず起き上がり攻撃するという前提だと下段ホールドか中段キックホールドの2択になります。もちろん攻撃しないという選択肢もあるので毎回ホールド動作してるとカウンター食らったりもしますが)。起き上がり攻撃をホールドされてダウン、起き上がり攻撃をホールドされてダウン、といつまでたっても起き上がれない状態になります。じゃあ起き上がり攻撃しなきゃいいんですが、それはそれで起き上がり直後に相手からコンボを叩き込まれたりします。じゃあガードしてたらと思いますが、ガードしてたら投げられます。まあその辺の読み合いがこのゲームの特徴ということなんでしょうけど。とても難しいです。
 難しいですが、やりがいはあります。ある程度ホールドができるようになると楽しくなってくるので頑張ってみてください。アーケードのTRUE FIGHTER以上のレベルからが本番だと思います。読み勝ったり読み負けたりです。ただ、オンラインマッチ見てると、上級者はあまりホールドしない感じのようです。ホールドをミスると投げで返されて大ダメージ食らうのでガードが基本のようです。でもガードが難しいんだ、これが!(ガード固めてると投げられる)




キャラクターのセリフ

 少ないです。
 こころちゃんがエレナさんと対戦するときは最初のセリフが変わります。普通は「八極の舞、見ておくれやす!」なのですが、エレナさんと対戦するときだけ、「エレナさんかて、手加減しまへんよ」になります。他のキャラにもこういうバリエーションはあるようですが、それでも数が少なくて飽きます。(→アップデートで一部キャラのセリフが増えました!)



総合評価

 オンラインマッチで心折れたのでやる気がなくなりましたが、現在はコスチューム集めと写真撮影に燃えています。20時間やってやっとこころちゃんの3個目のコスチューム(制服)が手に入ってさらに楽しくなってきました。もっとコスチュームを集めたいです。でも最初から使えるようにしていてくれた方が良かったですね。おかげでだいぶ操作には慣れましたが……。(→2週間やってLEGENDをクリアできるようになり、オンラインマッチに挑むためにさらに練習中です)
 かわいい美少女キャラがあんまりいないのが残念ですね。清楚系はこころちゃんのみ。まあ格ゲーなんで当たり前かもしれませんが。マリー、ほのかちゃん、NiCOちゃんもかわいいのですが、ほのかちゃんとNiCOちゃんはコスチュームがいまいち(NiCOちゃんは構えが厨二すぎるのもちょっと……)。マリーはとてもかわいいのですが、ロリすぎてぼくの好みではないです。かすみは忍者らしく筋肉マンという感じ。あやねは好きなのですが、コスチュームが初期のもの以外があまり合ってない感じ。
 セリフが少ないのも残念でした。同じセリフを何度も聞くことになるので飽きます。
 ストーリーでこころちゃんの出番がほとんどないのが残念でした。こころちゃんがストーリーで着ていたコスチュームもアンロックするのに設計図1000個なんですよ。つらいです。
 格ゲーとしては難しすぎて経験者にはまったく歯が立たず、オンラインマッチだけだとすぐ飽きます(というか心が折れます)。キャラクター1000回使用すると、たとえばこころちゃんだと「こころマスター」の称号がもらえるのですが、それくらいやってやっと基礎的な操作がわかり効果的なコンボが身につくという感じです(がちゃがちゃプレーからの脱却)。でも写真撮影がとても楽しいのでまあゲームとしては及第点といったところでしょうか。ただし、アンロック条件などユーザーに厳しすぎる点はあまり評価できません。
 格ゲーとしては奥が深くてとても面白いと思います。だからこそコスチューム関係の炎上がもったいなかったなと。なんであんな仕様にしてたのか謎です。
(→発売2週間で無料版が出ました。購入者からは叩かれていますし、ぼくも「だったら無料版買ってこころちゃんの使用権だけ買えばよかった!」と思いました。無料版ってすごいですね。無料版超おすすめです。やりこむなら全キャラ使用して研究が必要ですが)
★★★




 以下おまけ



こころちゃん写真集

きれい・かっこいい編





































被ダメージ・エロ編































おまけ

 こころちゃんの全コスチュームのまとめ作りました。
unnamable.hateblo.jp