愛してくれてマジ感謝

本・漫画・アニメ・フィギュア・文房具・靴などのレビュー

今日買った本――中世思想原典集成 精選、キルケゴール

 今日買った本の報告です。






 全然本読んでないですが、買うだけ買ってます。読んでない本が大量にあるので、一応厳選してはいます。今日は平凡社ライブラリーの2冊を買ってきましたよ。『中世思想原典集成 精選4 ラテン中世の興隆2』と『不安の概念』です。

アリストテレス論理学を摂取し、世界・宇宙・自然・歴史への関心を旺盛に展開する都市の学校。ラン、シャルトル、サン=ヴィクトルの各学派と、イスラーム哲学の二大巨匠。十二世紀の前期スコラ学と世界観の革新。待望のライブラリー版!

 



新訳 不安の概念 (平凡社ライブラリー)

新訳 不安の概念 (平凡社ライブラリー)

十九世紀のコペンハーゲンを支配するヘーゲル哲学の抽象性・一般性を痛烈に批判、当時のキリスト教会の形式性に反発し、新たにしのび込まんとするニヒリズム思想に抗して、具体的な個体としての人間の生に立脚しつつ不安という概念を焦点化する。原罪、罪とその意識の問題を、個々の多様な経験に照らして、信仰と精神の自由の地点まで掘り下げる思考。

 



 『中世思想原典集成 精選』のシリーズは7月に5巻が出ます。全7巻なのでもうすぐ完結ですね。

中世思想原典集成 精選5 大学の世紀1 (平凡社ライブラリー)

中世思想原典集成 精選5 大学の世紀1 (平凡社ライブラリー)




 このシリーズ、1冊あたり600ページあってかなり分厚いし場所を取ります。価格も2,400円+税ということでなかなかすごい。




 キルケゴールは『キリスト教の修練』を読んでみたいんですが、まだ買ってません。絶版になる前に買っておきたいです。

キリスト教の修練

キリスト教の修練




 読みたい本はたくさんあるんですが、全然読んでないです。一応、予定としては新作の小説が書き上がるまでは読書しない予定です(2019年内にある程度形にしたいかなあ)。書き終わったら少しずつ読んでいこうかなと。といいつつ、ここ3週間くらい書き始めようと思っててまだ1文字も書いてない状態です。テキストエディタ開くところまでも行きません。パソコンの前で瞑想して終わります。
 最近ずっと気分が悪いのですが、今日昼寝してたら自殺する夢見ましたよ。そろそろぼくの人生も終わりに近づいているのかなと最近しみじみ思います。死ぬ前に小説書き上げたいです。