愛してくれてマジ感謝

本・漫画・アニメ・フィギュア・文房具・靴などのレビュー

水声社からパスカル・キニャールの『音楽の憎しみ』が2019年6月25日(?)発売!

 水声社から続々と刊行中の「パスカルキニャール・コレクション」の最新刊『音楽の憎しみ』が今月末に出るようです。
www.suiseisha.net

 水声社の本はAmazonで取り扱ってない(?)のでhontoや紀伊国屋で買いましょう。ぼくは丸善紀伊国屋で買ってます。
honto.jp




 1997年に青土社から高橋啓訳で『音楽への憎しみ』が出ています。今回のは博多かおる訳です。ページ数が90ページくらい違うんですが、同じ本ということでいいんですよね??

音楽への憎しみ

音楽への憎しみ




 このシリーズはとりあえず全部買ってます。とくに〈最後の王国シリーズ〉の方は哲学、社会学、その他文学理論を知らない人にとっても比較的読みやすく書かれていて、それでいて文学的センスが養える良エッセイになっているのでおすすめです。キニャール読むにはベルクソンレヴィナスも読んでおくといいと思いますが、そんな前提知識なくなんとなくわかった気になって読むだけでも単なる通俗小説とは違う文学の世界が味わえるでしょう。