愛してくれてマジ感謝

本・漫画・アニメ・フィギュア・文房具・靴などのレビュー

『八月のシンデレラナイン』第9話「みんなでつないで、楽しんで」の感想

 『八月のシンデレラナイン』第9話「みんなでつないで、楽しんで」の感想です。

 今回は合宿回でした。あと野崎さんの覚醒回。




 アバンの練習後の風景。思ったよりかなり田舎でした。近くには海もある。もうすぐ大会なので合宿しようという話に。




 合宿はともっちが練習しているお寺を使わせてもらうことに。







 ミーティング。キャプテンは主人公の有原さんに決まります。





 鬼コーチ(東雲さん)による地獄の特訓が始まります。場所はいつものグラウンド。寝泊まりをお寺にするだけで練習場所とかはいつも通りな感じですかね。




 食事も自分たちで作ります。ともっちの作った親子丼。ともっちと結婚したい(*´ω`*)




 夜はお寺で練習。




 野崎さんは投手でもいいかも。左の投手もいた方がいいし。でも野崎さんはバッターにぶつけちゃうかもしれないと言ってあまり乗り気ではありません。




 素振りのタイミングがつかめないので木魚を使いますw 茜ちゃん「いい感じ……かも!?」




 練習の後は入浴。まさかのサービスシーンw




 入浴後は部員同士のコミュニケーション。有原さんが持ってきた野球盤をやります。




 翌朝は4時起床でランニング。






 そんな感じで合宿が進んでいきます。朝4時起床、浜辺でストレッチ、いつものグラウンドで鬼の特訓。残りあと2日。




 合宿も大詰め。地獄の特訓の成果が出てきました。ともっち天使(*´▽`*)




 その日は野崎さんが料理当番でした。料理はおいしくなかったようです(´・ω・`) 鬼コーチ「おいしくないわ」







 落ち込んでいる野崎さんに和尚さまが声をかけます。人にぶつけてしまうことを怖がる野崎さんに「わしを幽霊と思ったらいい」と言って投げさせます。野崎さんはちょっと肩の力が抜けます。




 和尚さまは幽霊だった! 最初から東雲さんと先生には見えてなかったようです(東雲さんと先生は最初の挨拶のときにその場にいなかった)。ビデオカメラの存在も伏線だったんですね! 9話を2回見ると仕込みがいろいろわかって面白いですよ!




 左ピッチャーとして覚醒する野崎さん(*´▽`*)




 ライバル登場!? ビデオカメラの充電残量が91%なのは初日と同じなんですが、夜充電してたということにしましょう!




 井上親子が共演してました。見てるとき井上喜久子さんだとわからなかったです。いつもと微妙に声が違う! あえて目立たないようにしたのかな。




 9話はサービスシーンがありましたが、そんなことより和尚さまが幽霊だったという方が衝撃でした! 比較的凡庸な回かなあと思ったら後半一気に来ました。あっぱれですよ。これをさくっと1話完結でまとめてくるのは話作りのレベルが高いです。今回は作画も全体的に良かったんじゃないでしょうか。ビデオカメラという小道具も新聞部の中野さんが持つことによって違和感なく機能してました。幽霊はビデオカメラに記録されないというわけです。木魚を叩くところも和尚さまのアドバイスで中野さんが叩くのですが、鬼コーチの東雲さんはそのやりとりがわかってないので不思議という反応なんですよね。そのシーンでビデオカメラのクローズアップが入るのもスマートな伏線になってます。そして幽霊が登場した理由が人にぶつけるのが怖いという野崎さんに投げさせるためだというのもいいです。幽霊なら当たっても痛くない! 野崎さんはちょっと気が楽になってピッチャーとして投げられるようになります。
 やっぱりこの作品よくできてるなあと思います。すべての回で脚本のレベルが高いです。作画さえ良ければヒットしたかも。話作りが丁寧で好感が持てます。エンタメ作家志望はぜひ見るべきですよ!