愛してくれてマジ感謝

本・漫画・アニメ・フィギュア・文房具・靴などのレビュー

パーカー デュオフォールド インターナショナル アイボリー&ブラックGT ペン先M 1931394

 パーカーのデュオフォールドの万年筆を買ったという報告です(*´▽`*) 簡単なレビューです。



 72%OFFとかいうありえない価格になってたので買ってしまいました! 高級万年筆なんて初めてです! 一応、万年筆の中でもデュオフォールドは個人的に憧れではありました。パーカーのデュオフォールドとペリカンのスーベレーンとアウロラオプティマがぼくの中では3強といった感じでした。他にも比較的安いところだとビスコンティパイロットやプラチナ万年筆の万年筆が欲しかったりしましたが、結局買ったことはないです。



 箱からして高級感がありました。開けるとこんな感じ。カートリッジが2個付いていて、コンバーターは最初から本体に入っています。







 ぴっかぴかです! 外側の金ピカ部分は某サイトの情報によれば23金メッキのようです。「PARKER」や「FRANCE」の文字の部分はただへこんでるのではなく、へこみにも細かい横線が入ってます(マクロレンズじゃないと写せないですが)。さすがに樹脂の質は1万円くらいのやつとは違う気がします。透明感があるというか艶があります。手に吸い付くのでしっくりきます。





 天冠の装飾はこんな感じ。




 中はこんな感じ。




 ペン先は18金ですが、プラチナプレートとの2色になってます。




 コンバーターにも金メッキが施されています。このコンバーターは1500円くらいのようです。






 FRANCEという文字があります。デュオフォールドはフランス製なんですね。




 ボールペンのカスタム74とシャープペンのレマンスリムと並べるとこんな感じになります。





 筆記時にキャップをつけると少し長くなりますが、割とコンパクトな万年筆だと思いました。グリップ部分も一番細いところは9mmです。センテニアルの方だと全体的にもっと大きくなってしまいます。個人的にはインターナショナルくらいのサイズが扱いやすいのかなと思いました。
 筆記時にキャップつけるかどうかは好みでしょうか。つけない方が軽くてさらさら書けますが、重みを感じたい人はキャップつけた方がいいかもしれません。
 今回買ったのはペン先Mですが、かなり太いです。たとえるなら、油性マジックの「マッキー極細」の極細の側でちゃんと力入れて書いた感じの太さになります。ノートに細かく漢字を書く用途には全く向いてません。デュオフォールドにはEFがないっぽいので、細かい字を書くことはあまり想定されてないのでしょう。大きな文字を書くにはいいと思います。
 基本的にぼくはシャープペン使う人間なのですが、万年筆にも少し興味が出てきました。ペリカンのスーベレーンM405のEFを検討しています。


★★★



おまけ

 同じ色の「センテニアル」も安くなってたので買いました。個人的にはセンテニアルの方がおすすめです。センテニアルはグリップの部分が太いので書きやすいです。長いですがペン先も大きいのでバランスは取れてるかなと。
unnamable.hateblo.jp